×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

21世紀送りバントる~くんのじっくり携帯ムービー館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.夜明け前より瑠璃色な
2.風の伝説ザナドゥ
3.プラハ
4.僕と彼女と彼女の生きる道
5.吉本
6.山口正人
7.葉月里緒奈
8.ザ・ニュースペーパー
9.荻野真
10.ダウンタウン熱血行進曲

新コボちゃん 24 (まんがタイムコミックス) ☆植田まさし先生の国民的代表作『コボちゃん』はいつも楽しく読ませていただいておりますが、〈コボちゃん一家〉こそ、本物の一家団欒の姿形であると、読んでいてしみじみ思います。それも日本人本来の昔ながらの明るい人情味がこの一家にあります。今現在の日本の家庭はその根本的な部分が崩壊してしまっているのではと、個人的に危惧しておる次第でゴザイマス。特に人の心の傷みや礼儀作法、生きる事の苛烈さを知らない無神経な平成世代の人種に。『コボちゃん』の家族観を所詮は都合のよい漫画の世界と異議を唱えるお堅い人考えのもいるでしょうが、筆者としてはいつも明るく笑いがたえないコボちゃん一家の愉快で楽しい一家団欒の姿形が本当に羨ましいです。コボちゃん一家に醜い争い事は一切ありません。些細な口喧嘩ならありますが、理不尽な暴力は一切描かれておりません。コボちゃ一家を見習ってほしいとまでは言いませんが、小さなお子様がおられる父母の方には是非ともこの一家の持つ優しい包容力を体得?して貰えたらと思います。この作品をお読みになれば、必ず人を思いやる心遣いや愛情表現が身にしみて感じられるでしょう。そういう意味でも『コボちゃん』という漫画は、人間関係の大事な橋渡しの役目を担っている、重要な作品であると思っています☆。
スーパーモデル(期間限定生産盤)(DVD付) まず旧盤のスーパーモデルを持っていない人!
聴いてみてください(*^-^*)
一瞬童心に帰って、ラストでは夜が明けて夢から戻った気分になれますよ。
石野卓球が「売り出し中の篠原ともえという素材」の味を引き出してみたら、
あんなのやこんなのが出てきた!それをまた石野さん自身が面白がりながら
色んな試みをしたという感じでしょうか。
そしてこれ以降の篠原ともえのアルバムや芸能活動全般を通しても言える事で
すが、ほのかに「手作り感覚」が漂っているところが好きなんです。

さてともえちゃんのファンの悲しさは、彼女のPVが発売されていないって事です。
スカパーの「スペースシャワーTV」などの音楽チャンネルでたま〜に放送され
ていたのを録画するしかなかった。放送はデジタルだけどこっちはVTRだったの
で画質もそれなりだったし。
特に今回収録されている、石野卓球プロデュース時代の楽曲のPVは地上波の番組の中で
断片的に紹介される程度。なので、今回は飛びついて即買いでした。
やっとクルクルミラクルのPVをフルで観られました。(T−T)

秘蔵映像ではほとんど髪おろしバージョンですし、しのコーンの映像が何曲分か入ってます。
私の大好きな「やる気センセーション」も歌ってました。
これだけでもお値段分の価値ありました。
いえいえ、ライブ映像が残っているなら限定でもいいので発売して欲しい(T_T)
こういうのを観てしまうと欲が出てしまいますよね。しのコーン・メガスピ・ドリマシ各ツアーと
全楽曲のPV、それと出演CMが入ったお宝BOXなら10万円出しても買うぞ!!

コメンタリーの面白さは他の人が書いている通りなのでスルーしますが、ファンとしては目頭を
熱くしながら、楽しく嬉しく観ることが出来ました。最後は本当に涙流してましたよ。
まさに「涙モノのお宝」ってこの事かと思っちゃいました。

というワケで、あえて今日3月29日。
ともえちゃんのバースデイを記念してレビューをアップさせて頂きます。

恋する日曜日 ラブソング コレクション DVD BOX  ヲタクの友人から押しつけられた、「ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3」がきっかけで、BS-iシリーズを見るようになった自分。「つながり」で、交互に放送されている「恋する日曜日」の存在も知り。▽ou〒ubeやら何やらで、何作か目にするうち、これはイケそうだと、いきなりDVDを買ってみることに。

 優れた短編映画のような世界観は、ゴールデンのドラマでは出せない味わいですね。期待の新人を主役に抜擢することで、お金を掛けずに質の高いシリーズを作り出しています。プロデューサーの眼力があって成せる技だなぁと感心。

 シリーズ随一の名作と云われてるんだそうですが、「僕の森」が出色(しゅっしょく)。夏帆(なつほ、じゃなく「かほ」)ちゃん演じる内気な少女が… イイ!(by タイガーモス号のお兄さん) 別に妹系好みでもないのですが、休日に独りで見ると、被写体の可愛さが倍増です。

 ママを亡くし、パパと二人になってしまった少女。毎朝バス停まで送ってくれるパパには内緒で、学校も休みがち。ママが教えてくれた料理を作って、気を紛らわせます。心配した先生が自宅を訪れ、パパにも知られてしまいます。でもパパ、娘に嫌われたくなくて、言い出せません(笑)。この優しいパパ役を矢島健一さんが好演。

 ある日、スーパーで、クラスメートの男の子とバッタリ。「風邪ひいて休んだんじゃなかったのかよ?」と言われ、何も言えずに逃げ出します。秘かに想いを寄せていた彼は、少女の気持ちを察し、買い物の手伝いを始めるのでした。この小さな出会いが、少女の心を少しずつ、明るくしていきます。

 呼び鈴の音に、玄関をそぉーっと開けると、そこには…。歌の苦手な夏帆ちゃんが、一生懸命歌う主題歌もGOOD。

☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!