×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
放課後の宇宙刑事ポンちゃんのめきめき携帯動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.プレイガール
2.テクノボイジャー
3.榊原大
4.ドラゴノーツ
5.尾崎翠
6.日本海海戦
7.ガラスペン
8.iPhone
9.Diamond Dust Drops
10.メキシコ

Silverstone RAVEN タワー型 ゴールドライン SST-RV03B-W マザーボード90度回転が特徴的なケースですが、この配置になったのは
最短距離で吸気から排気を行うためと考えるとしっくりきます。

このケースは底面の18cmファンx2で一気に吸気を行うため、マザーボード付近の冷却は
ほぼ心配なし。メモリスロットが下に来るので、メモリ熱暴走の心配も減ります。

CPUクーラーはサイドフロータイプ推奨ですが、トップフロータイプも使用可能です。
また、簡易水冷CPUクーラーのラジエター一式を天板12cmファンと交換して使うことも
出来ます。気流を乱さないという意味では有効でしょう。なお、ラジエターとフロント
ベイ上段が干渉するため、光学ドライブは下段に移動させる必要があります。

目安ですが

Win7 64bit SP1
i7 930定格
メモリ12G
M/B GIGABYTE G1-GUERRILLA(省エネ設定あり)
CPUクーラー CWCH50-1(1600rpmファン1台)
室温28度

この構成で底面ファンLoでもprime95が完走します。

問題となるのはマザーボード裏面にHDDやSSDを配置する場合。最大でHDD4台、SSD2台を
搭載できますが、あくまでもそこに置くことが出来るだけであり、冷却を考慮すると微妙
な点が。メーカーもHDDを複数搭載する際は右サイドパネルに12cmファン追加を推奨して
います。

ケーブル取り回しも考えると、ファンレス運用可能なHDDかSSDのみにとどめておいた方
が無難かと。SATAケーブルはストレートタイプ以外は干渉します。

フロントベイにHDDを搭載する場合は12cmファンを追加すると良いでしょう。きれいに
収まってくれます。この場合はケーブル取り回しも通常のケースと同様になります。

内部空間も広く作業しやすいケースですが、独特のマザーボード搭載方法のために
試行錯誤は必要かと。また、底面部にファンを搭載するため、この部分の強度がやや
低い印象も受けます。天板ファンの振動を拾ってしまうと、左サイドパネルが
共振を起こしてケース鳴りを増幅させしまう事があるので注意。

一風変わったケースをお探しならいかがでしょう。

かぐや姫伝説 ファミコンで「テレ○○に通う人妻を口説く」とか〜〜〜!!!
「ムチとローソク」とか〜〜〜!!!
「裸を見せる」とか〜〜〜〜!!!!

ゲームバランスから何から何まで「アンビリーバボー」な作品です。
タイトルから想像もつかない「変態ワールド」、ご堪能あれ〜〜〜〜〜!!!!!

クロックタワーゴーストヘッド クロック タワー』と銘打ちながら、前作までとの関連性が一切ない外伝作品です。
正直、ポリゴンは荒いし、ストーリーは意味不明だし、ゲーム進行中も突拍子の無いことの連続で、別の意味でプレイヤーを震え上がらせる異色のホラーゲームと言えるかもしれません。
しかし、それでもなおこのゲームが秘めている一種独特な面白さに、プレイしている内にどっぷりとハマってしまうのだから本当に不思議ですね。

タイトルの『ゴーストヘッド』というのもダブルミーニングになっていて、なかなか凝っていると思います。
ジャケットに描かれている赤い般若のお面のことを「悪霊の頭」という意味で“GHOST HEAD”
更に、作中のヒロイン「御堂島優」の中に眠る二重人格「翔」のことを、テレビの映像ノイズであるゴーストに喩えて「脳内のノイズ」という意味で“GHOST HEAD”
この二者が対比になっていることにも、製作陣のこだわりが感じられますね。

さてこのゲーム、何と言ってもその醍醐味は上でも述べた通り主人公が二重人格であるということでしょう。
か弱きヒロイン「優」と、ダークヒーローの「翔」という二つの人格を切り替えながら、次々と襲い来る不可解な事件に立ち向かっていくわけです。
とりわけ、この「翔」というキャラクターの個性はハンパありません。
冷酷非道な男性人格と定義されているだけあって、とにかくゲーム中でもやりたい放題です。
個人的には、第一章で拳銃を見つけたときの「へっ、いいモンがあるじゃねぇか」という台詞がツボでした(笑)

そしてもう一つ、そんな強烈な個性を秘めた主人公をも圧倒する敵キャラクターにも要注目。
特に、第一章に登場する敵キャラ「千夏ちゃん」は、一度見たらそうそう忘れられません。
「イィヒヒヒヒヒ!」というけたたましい笑い声と共に現れるその姿は、近年のホラーゲームでもそうそうお目にかかれない程のインパクトがあります。一見の価値あり!

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!